北九州・福岡の介護福祉分野の資格取得・講座・研修実施機関

ウェルネスジョブカレッジ>喀痰吸引研修3号

喀痰吸引研修3号

平成24年4月1日から施行されている介護職員等によるたんの吸引等の制度化に伴い、特別養護老人ホーム等の施設および居宅において、 必要なケアをより安全に提供するため、適切にたんの吸引等を行うことができる介護職員等を養成することを目的とする。


対象者

以下のいずれも満たす者とする。

  1. 介護福祉士、障害者(児)サービス事業所及び障害者(児)施設等(医療機関を除く。以下「事業所等」という。)で福祉サービスに従事している介護職員、特別支援学校の教員、 保育士等(以下「介護職員等」という。)特定の者に対してたんの吸引等の行為を行う必要のある者またはその予定のある者。(個人での申込みは不可。)
  2. 上記1のうち、利用者本人(本人の意思が確認できない場合は、その家族等)、主治医、書面による主治医の指示を受けた看護師及びその所属する事業者等の管理者から、  書面による同意書を得ることができる者。なお、現場演習や実地研修を行うに当たって、上記看護師(訪問看護ステーションの場合はそこの管理者である看護師も含む)は、  実地研修を行う際に指導看護師となることから、別に実施する「実地研修事前研修」、「喀痰吸引等研修(第1号・第2号研修)指導者養成講習」、「医療的ケア教員講習会」のいずれかの受講が必須。事前に了承を得ておくこと。
  3. 受講希望する介護職員等の属する事業者が、安全の確保のため以下の体制を整備していること。
    1. 利用者本人が在宅の場合は、利用者ごとに医療関係者を含めた定期的なケアカンファレンスを実施するなどの訪問看護事業所等との安全確保体制を整備していること。利用者本人が施設に入所の場合には、関係者からなる安全委員会を設置していること。
    2. 適切な医学的管理の下で、利用者に対して適切な診療や訪問看護の体制をとっていること。
    3. 利用者毎にたんの吸引等に関し、一般的な技術の手順書を整備していること。
    4. 指示書や指導助言の記録を作成し、適切な管理・保管していること。
    5. ヒヤリハット事例の蓄積・分析など、関係者による実施体制の評価、検証を行っていること。
    6. 緊急時の対応の手順を定めており、その訓練を定期的に行うと共に、夜間をはじめ緊急時の連絡体制を構築していること。
    7. 感染の予防等、安全・衛生面の管理をしていること。
受講条件

それぞれの開催について原則全科目の受講が可能な方
※補講は次期クラスへの無料振替になります。

受講料

受講料・テキストは、以下の通りです。

■受講料 25,000円(税抜き)

■テキスト 第3号研修(全課程)のテキストについては準備しませんので、下記ホームページよりダウンロードし、印刷の上、持参してください。

介護職員等によるたんの吸引等の実施のための研修関係資料のうち、
『喀痰吸引等研修テキスト(第三号研修)』[PDF](全188ページ)

実施場所・日程

希望校をクリックしてください。

募集定員

12名

応募締切

各会場において、定員になり次第締め切りとなります。
※お申込締め切りは開催日の1週間前までとなります。

カリキュラム

基本研修(学科) 8時間 + 基本研修(演習) 1時間  + 実地研修 概ね1日 = 合計2日間 (9:30~15:30)

基本研修(学科)

5時間 + 3時間 = 8時間 評価試験 0.5時間

基本研修(演習)

シミュレーター演習 1.5時間

修了証

実地研修まで修了した介護職員には喀痰吸引研修修了証明書(3号)を交付する。

申込み方法

研修へのお申込はホームページのメールフォーム及びFAXにて受け付けております。

実施場所・日程

北九州校

未定です

   

福岡校

未定です

  
       
上へ戻る